人を育てるのに本当に大事なこと

 

 

こんにちは。会社員ブロガーのめろです@asudokoiru

僕は今までたくさんの新入社員の教育に携わっていました

その多くが転職組で年齢層も20代から30代前半

そして入社してきたほとんどの方が1年以内に

前職を辞めていると言う事に驚きました。

なぜ彼らが短い期間で転職に至っているのか

僕が育てて行く中で知った若者たちの届かぬ声と

変わる事のない「会社とは」の風潮を書いていきたいと思います。

 

 

なぜ若者たちに転職が多いのか

 

退職理由ランキング

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
4位:給与が低かった(12%)
5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
6位:社長がワンマンだった(7%)
7位:社風が合わなかった(6%)
7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
7位:キャリアアップしたかった(6%)
10位:昇進・評価が不満だった(4%)

参考:リクナビNEXT

 

1位にランキングされている項目

上司・仕事の仕方が気に入らなかった。

この理由が一番多くて良く見ると

人間関係と方針で不満が多い事が分かります。

どちらか片方だけでも不満が募るのに

両方となるともう会社に残る意味も理由もなくなってしまうのでしょう。

僕の会社に入社してきた新人たちも同じく

人間関係がひどかった 仕事がキツかったと話していました

心身が耐えきれなくなった時、転職をするのです。

 

会社の社風と人間関係

 

僕が教育をするにあたり一番多かった理由は

「良い上司に巡り合わなかった」と言う話しです

人によって「良い上司」の定義は異なりますが

彼らは自分が信頼を置ける人物に出逢わなかった

教育や指導と言うには程遠かったと言ってました。

今も根強く残る「古き良き社風」と言うモノが

時代と共に劣化して行っている事に気付かぬまま

根拠も脈絡もない根性論で押し切る姿勢が

今の若者たちに届きはしなかったのです。

ではどうして届かなかったのか?

それは教育者が正しい教育を受けずに

何が必要で何が大切な事なのかを正しく理解しないまま

次世代へ叩き込もうとしていくからです。

 

人を育てるために大事なことはなにか

 

どんな会社に入っても前職が同じ経験があったとしても

「会社」自体はまったく別物であり従業員も見知らぬ人ばかりで

未経験者ならその全てが未知の世界なのは当たり前なのです。

しかしどんなに未経験者でも年数と共にスキルは上達し

何年もすれば仕事をそれなりに出来る人材になります。

要するに「作業」と言う面では否が応でも身に付いて行くもので

要領が良いとか覚えが悪いとかの差はあれど労働としての役割を果たします。

しかし資料や知識だけでは教える事が出来ないものがあります

それが自発性協調性です。

会社と言うのは規則を重視する傾向なので

「決まり事だからやれ」

「みんなやってるから当たり前」と

肝心なことは何一つ教えようとはしません

最初からそうやって叩き込まれて行くので

ただ「やらないと怒られるから」と言う理由で動くのです。

 

本当に伝えたい事

 

 

会社に働きに来る理由は人により様々で

単純に生活の為に働いている

もっと上を目指したいから頑張っている

気の合う仲間がいて楽しいなど

働くと言う事に何かしらの目的・目標があります。

しかし会社と言うのはほとんどの場合

個人の個性や思想を必要としません

言われた業務を言われた時間に問題なく処理する

これを不満を漏らす事なく毎日続けてくれる人間を好み

それ以外は会社の害と判断されてしまいます。

組織として働くと言う事は大勢の人達と関わり

自分の役割が会社や組織にとってどれだけ大切で

どれだけの人に影響を及ぼしてしまうのか

働く楽しさや辛さを分かち合うために

築いて行かなければならない信頼関係

そして敵対するのではなく同じ会社の仲間として

助け合って行かなければならないと言う

人としての根本を伝えてあげないといけないと言う事

ただ「そう決まっているからやれ」では何も届かないのです。

 

時代と共に変わって行かないといけない社風

 

古き良きものは残すべきだと僕は思っています

しかしそれに固執してもダメなんだとも考えます。

入社してはすぐに去ってしまう若者に年配者は

今の若者はとよく口にします

会社には年配者が溢れかえり古きものしか残りません

それは思考や思想も古いままという事です。

「仕事は見て覚えろ」 「何回も言わせるな」

「やる気がないなら帰れ」 「若い奴は根性がない」

僕の会社でもこんな教育をしている方が今も居てます。

そして怒られてる新人はなぜ自分が怒られているのか

まったく理解していないと言っていました。

その理由がこうです

「分からない時は聞きに来い」 「勝手な事するな」

「何をしたら良いのか教えられていない」 「気分で言ってる事が変わる」

と僕に相談してくるのです。

僕は教えれる事は最大限に教えます

それで明日もし僕と同じだけ働いてくれるのなら

会社にとっても彼らにとってもコストが良いからです。

一生懸命教えたのに理不尽な理由で辞めさせては

いつまでも人は育たないままです。

やがて年配者だらけになり会社そのものが衰退します。

本当に大切なのは偏った思考をブチ壊す

意識革命なんだと僕は心から思っています。

 

 

関連記事:なぜ働くことが苦痛になっていくのかという話