仕事に行くのが辛くなった時の対処

 

 

こんにちは。毎日苦行の様に通勤しているめろです@asudokoiru

まず、唐突ですがこの問題の解決法は大きく2つしかありません

「会社を辞めて転職」か「誰かに養ってもらう」です。

この記事を読んで下さっている方が今まだ30代なら

転職もそう難しくはありませんが、現在40歳以上の方は

かなり厳しい選択を迫られます。

そして40歳を越えて誰かに養ってもらう事はほぼ皆無です

家庭を持つ人なら養ってもらう所ではありません。

「そんな事は分かっている、でも心と体が付いてこない」

そんな苦悩の中で会社に行くのが辛い時

どうすれば良いのかを書いてみました。

 

有給は永遠ではない

本当に辛くて仕事に行きたくない

だから有給を取って会社を休む

これは誰でも一度は経験があるかもしれません

「辛い」「しんどいから」という理由で有給を取ろうとすれば

当然会社から良くは思われませんし、仮に取れたとしても

今後の周りの目が気になってしまうでしょう。

良い理由を考え出して有給が取れたとしても

必ず「明日」がやって来てしまいます。

その日は行かなくて良くなっても次の日が来るのです

夕方頃になるとまた出勤や仕事の事を考えだし憂鬱になります。

 

会社へ行きたくない原因

様々な理由によって嫌になる原因はあると思います

 

関連記事をどうぞ

なぜ働くことが苦痛になっていくのかという話

仕事を辞めたいけど将来が不安で仕方ない時

人を育てるのに本当に大事なこと

 

「ただ面白くない」「楽したいだけ」と言うのは

40代での理由としてはかなり幼い発想ですが

心の病から来ているのならすぐに診療を受けた方が良いです。

 

自我と体裁の狭間に苦しむ

「働きたくはないが仕事はしなければ生活できない」

「仕事自体は嫌ではないが残業が多いので早く帰りたい」

「楽したいが押し付けられる」

「同年代が楽しく働いてるのを見て流されてしまう」

自分にとって嫌なことが起きると心が偏って

「なぜ自分ばかり辛いのか」と自問自答します

そして周りと比べてしまい自分で無意識のうちに

自己評価をしていくことが多くなります。

この自己評価を繰り返しているうちに

次第に自分の過大評価になっていき

「自分だけが」と言う観念に囚われてしまい苦痛になります。

しかし生きる為に家族を養うために働かないといけない

「こんなに苦しいのに我慢してまで家族の為に働くしかない」と

より一層自分で心を縛り付けてしまうのです。

 

辛い時はどう対処したらいいのか

記事の冒頭で述べたようにこの問題は

辞めて転職するか誰かに養ってもらうしかありません

それ以外での解決策を望むなら一つです

「あなた自身が頑張ってやる気を出す」ほかないので

簡単に言うなら「心入れ替えて仕事人間になると言う事です

辞めるに辞めれないでも会社には行きたくはない

仮に辞めたとして生活資金の蓄えがない

転職先の保証もない等のリスクが生まれます。

それらを考えると益々不安と葛藤に挟まれ

結局我慢するしかないじゃないかと思うので

永遠にこの苦しみから脱出できないのです。

この苦痛に対処する方法は

【有給の取り方を考える】です

闇雲に辛いからとすぐ有給を取るのではなくて

取るタイミングを計る事で自分の中の「区切り」を見出します

例えばですが

一週間の間の「水曜日」に有給を取れば

月曜・火曜の二日を我慢をすれば休める

木曜・金曜の二日を乗り切れば土曜・日曜が来る

と言ったように区切るのです。

祝日や連休を上手く利用して区切る事で

心の持続をさせるのです。

もちろん一ヶ月に何度もやってしまうと有給も底が尽きますし

会社的にも良くは思われなくなるので

残っている有給休暇の日数と休むタイミングを計算して

自分のバランスを見つけるのが良いと思います。

サラリーマンは幾ら働いても稼ぐことはできません

しかし責任は増えるばかりで心身共に疲弊します。

どれだけ会社に貢献してきても若い世代に次第に

邪魔者扱いや厄介者として扱われる日が来ます

それでも歯を食いしばって家族の為に頑張っています

少しくらい弱音を吐いても良いんです

時には子供の様に嫌がっても良いんです

命を投げ出す事さえしなければ。

あなたの我慢は決して無駄なことではありません

その強さで家族を支えているのだから

心と体の休め方を覚えるようにしていきましょう。