こんなはずじゃなかったのに・・・中年の「心の闇」

 

 

こんばんは。明日ドコブロガーのめろです。

 

人生半ばに差し掛かると、今まで自分が歩んできた生きざまに

 

「これで良かったのか」 「こんなはずじゃ・・・」と不安に感じてしまう事があります。

 

中年になれば得ていくモノより早く喪失していくモノがある。

 

普段気にしないように過ごしていても、不安やストレスは心に多大な影響を与えているのです。

 

 

ミッドライフ・クライシスとは

 

「ミッドライフ・クライシス」こんな言葉をご存知でしょうか?

 

 

中年の危機とは、中年期特有の心理的危機

また中高年が陥る鬱病や不安障害のことをいう。

ミッドライフ・クライシス(Midlife crisis)の訳語であり

ミドルエイジ・クライシス(Middle age crisis)とも表記されるが

英語圏では前者のほうが一般的である。

 

引用:wikipedia

 

40歳と言えば人生の折り返し地点と言われ

 

今までの人生を振り返り、これから先の人生に不安を抱くようになります。

 

この年代の方たちは職場ではもう、ベテランと呼ばれる人も居て

 

業種によっては管理職や重役になっているかと思います。

 

いろんな経験がプライベートや職場で活かされ

 

「自分」と言う価値観を確立していくのですが、同時に悩みも増えていくのです。

 

 

本当の「自分」を見失う

 

中年期の人は俗に言う「立派な大人」と言う認識の元

 

世間体や常識、礼儀や品格・身だしなみや言葉使いに至るまで

 

常識人として様々な視線にさらされています。

 

そう言う生き方の中で「自分とはこういう人間なんだ」と言う

 

アイデンティティーが確立して行きます。

 

アイデンティティー参照:wikipedia

 

「仕事している姿こそ私だ」

 

「趣味に没頭してる時こそ本当の私」

 

アイデンティティーは一つではなく人の数だけあるのですが

 

「これが私だ」とこの長年の経験や培ってきた価値観がある日崩壊すると

 

本当の自分を見失ってしまうのです。

 

残りの人生をどう生きていくか

 

40年生きてきた人生が、ある日を境に突然

 

「この人生は正しかったのか?」 「これで本当に良かったのか?」

 

今までの生きざまを自分自身で否定してしまう様になってしまうのです。

 

若い時期はさほど、ずっと先の将来など気にもしていなかったのに

 

半生が過ぎようとした時、自分の人生の中で得た来たものが

 

徐々に、しかも確実に失われて行く事を肌で感じ取るのです。

 

〇あと何年生きていられるのか?

 

〇働けなくなったら家族はどうなってしまうのか?

 

〇大きな病気になってしまったら?

 

〇親の面倒はどうする?

 

〇子供に何かあったらどうすればいい?

 

〇もしもの時のお金の用足しはどうしたらいいのか?

 

とにかく時間がない体力もないと目に見えないモノが喪失していくのに

 

限られた時間の中で自分のこれからのライフスタイルを変更しなければならないのです。

 

もし自身が「ミッドライフ・クライシス」だと気付いたなら

 

それはこの先の人生のどうしようもない絶望的なモノではなく

 

そこから先の未来へ何か一手を打つべき「転機」かも知れないのです。

 

さぁ、今すぐ新たな何かをはじめましょう~。