帰りたくても帰れない。心の拘束と言う話

こんにちは。アンチ残業ブロガーのめろです。

 

残業してますか?辛いですか?

 

毎日残業で疲労困憊です・・・。

 

日本社会は本当に終わってますね

 

これほどの残業を国民に強いながらも

 

「日本の労働生産性は先進諸国中最低」と言うのですから。

 

残業が「頑張ってる」というバカげたバロメーター

 

無理な労働や残業はもはや、生産効率を下げ従業員の疲労を上げ

 

経費や残業代が会社を圧迫して行き

 

疲労困憊な従業員がバタバタと倒れて人材不足になり

 

さらに生産性が失われ残された従業員が穴埋めをするため

 

バカげた仕事量となりさらに壊れていく仕様・・・。

 

まったく意味が分からんです

 

残業が当然の会社ならそれはもう日中で頑張る必要もなく

 

ダラダラと生産性も能率も関係なくやってればいいのですよ。

 

上司は遅くまで頑張ってる従業員を

 

「お。遅くまで頑張ってるな」 「仕事熱心だな」と褒めたりしてきますが

 

それ自体、特に何も思っていないです・・・全員が同じ残業をしているのなら。

 

しかし定時で帰ろうとする人が出てきた時、おかしなことが起きます。

 

例えば

 

日中、それこそ会社の為に必死で膨大な仕事量をこなし

 

会社の負担も考えてなるべく残業にならないように定時で終わらせる人。

 

日中、特に急ぐことも生産性もコスパも考えず

 

どうせ残業になるんだからホドホドでやればいいや。

 

と、遅くまでダラダラやってる人が居たとします。

 

会社は何故か定時で帰る人に不快感をモロ出ししてきますね。

 

日中、一生懸命頑張る人より

 

日中、たいして頑張らずに遅くまでダラダラ残業してる方に

 

有り難みを感じてるのです・・・バカです。

 

気にせずさっさと帰ればいいんじゃないの?

 

ダラダラ働いてる人の事など放っておいて

 

自分の仕事が終わればさっさと帰った方が良いのです。

 

本当なら・・・

 

しかし、会社と言うモノは矛盾の宝庫で

 

「さっさと効率あげて終わらせるように」と指示を出しているのに

 

定時に近づいてくると「帰りにくい空気」を全開にしてきます。

 

もう定時で帰るやつは会社に「貢献していない」 「働く気がない」とばかりに

 

ものすごい険悪な空気をかもしだします。

 

仕方なく付き合い残業になってしまい残業をしたくない人が

 

無理やり残業に残っているのですから効率が上がるはずもないのです。

 

なぜ付き合い残業になってしまうのか

 

付き合い残業になってしまうのは先ほども書きましたが

 

「帰りにくい空気」がその原因です。

 

それではなぜ帰りにくい空気になるのか?

 

個人個人の仕事量がバラバラで作業に間に合わない人がいる。

 

自分の部署でない場所も手伝わなくてはいけないのか明確では無い。

 

どうなれば残業に入っていくのか決まっていない。

 

定時や残業についての話し合いがなく暗黙のルール的なものがある。

 

これはあってはイケないことですが

 

上司の高圧的態度・パワハラがある。

 

これを従業員が肌で感じて定時に誰も帰ろうとしなければ

 

相当気にしない性格でない限り付き合い残業をすることになります。

 

毎日の残業を強いられている会社はすでに

 

「生産性が破綻している警告」だと思った方が良いのです。

 

何か一つ狂った場合・イレギュラーが発生した途端

 

火の車になってしまうような会社なのです。

 

もし残業をしなくても生活して行けるのなら

 

さっさと帰宅して自分の時間に費やすか

 

家族の為の時間を確保した方がよっぽと賢いです。

 

勇気を出して帰りましょう~。