え?なに?何語?関西弁が通じなかった話

 

 

こんにちは。大阪と京都の混血児めろです@asudokoiru

お仕事で時々関東方面に出張に行ったり

他県の人と打ち合わせとか雑談なんてしてたりすると

ときおり「え?なに?」とか「意味が分かんない」

すんごい真顔で言われるのでなんでやねんって思う事もあるんですが

逆に自分の言語を疑う時もあります・・・

関西弁のイメージは全国的に好印象には思われてませんが

商売人の県民性からか言葉を略語で話すクセがあったりします。

関西弁が通じない悲しき

関東出身の部下関西出身の僕

全く噛み合わなかったストーリーをお届けします。

 

 

なおす

 

関西ではなおすと言う言葉は

「片付ける」という意味を持っています

 

【僕】それじゃこの道具なおしておいてね

【部下】え?直すんですか?どこも壊れてませんが?

【僕】・・・ほぇ?

という風に僕らはここから

全てが始まって行ったんです・・・・

 

ほる

 

関西ではほると言う言葉は

「捨てる」と言う意味を持っています

 

【部下】この置いてある書類はなんですかね?

【僕】ああ、それほるやつちゃうかな?

【部下】え?これで掘るんですか?紙ですよ?

【僕】・・・・・ね。

 

さら・さらぴん

関西ではさら・さらぴん

「新品・新しい」と言う意味を持っています

 

【部下】前から欲しかった靴貰ったんですよ~いいでしょ?

【僕】おお~それさらやんか~?ええな~

【部下】皿じゃなくて明らかに靴ですが・・・

【僕】・・・・・はい。

 

えらい

 

関西でえらいとは

「疲れた・大変」と言う意味を持っています。

 

【僕】いや~ほんま今日の仕事はえらかったわ~

【部下】ん?誰がですか?

【僕】君もえらかったな~よう頑張った

【部下】僕は下っ端なので偉くはないですよ?

【僕】・・・・うん。

 

ぬくい

 

関西ではぬくいと言う言葉は

「暖かい」と言う意味を持っています

 

【僕】今日はホンマぬくいな~気持ちええな~

【部下】・・・・・・。

【僕】今日ぬくない?昨日よりマシちゃう?

【部下】ぬくない・・・?何語ですか?

【僕】・・・・な~。

 

しな

 

関西でしな

「ついで・途中」と言う意味を持っています

 

【部下】今日はもう帰らせて頂きますね

【僕】今日、会社に来しな祭りの準備してたから、帰りしな見て来たらどうや?

【部下】しなってなんですか・・・・?

【僕】・・・・しなはしなや。

 

こんな風にたびたび噛み合わない日々が続き

その日から僕はほとんど関西弁を話さなくなりました。゚(PД`q。)゚。

関西弁は意味合いが多く難解なモノばかりですが

かなり巧みになって来るともう暗号の様に4文字くらいで

会話が出来そうなほど長文を省きます。

 

番外編

よくテレビとかで聞いたりするかもですが

典型的な関西弁に

「でんねん・まんねん」「でっか?・まっか?」「ワイ・ワテ」

なんて日常で使う人はほとんどいないので

関西人に使うとドン引きなので気を付けましょうね~